風俗好きによるオナクラ体験談!

期間限定、無料レポート配布中!

無料お持ち帰りレポート
 

オナクラって何?

オナクラと呼ばれる風俗店がある、ということをご存知でしょうか。通常のメジャーな風俗、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、ソープなどと言った風俗店に比べて、若干馴染みが薄いということもあるかと思います。

 

オナクラでは、女の子にお触りをすることは禁じられています。何をするのかというと、女の子が居て、その女の子に自分がオナニーをしているのを見てもらう、という風俗店です。料金は通常の風俗店に比べて安く、30分で5000円程度となっています。ただ、店舗型ではない場合、これにプラスホテル代などがかかってきます。

デリヘルと現代社会の諸相
について考えさせられますね。

 

店舗によっては、これにオプションのプレイを付け加えることができ、基本的にお触りがダメな女の子でも、キスやフェラなどを追加することができます。ただ、このオプションについては可能な女の子とNGな女の子がいますから、そのあたりはお店に問い合わせてみるといいでしょう。聞き方としては、「キスOKの女の子っていますか?」とか「フェラしてもらえる女の子はいますか?」ぐらいの感じで聞いてみるといいでしょう。

 

ただ、私の考えを言うと、オナニーを見せるだけで終わる、という人は本当にいるのか、という疑問があります。自分は、必ずフェラ、もしくは手コキなどのオプションを付けています。お金を払ってオナニーするだけ、というのではあまりにも寂しいですしね。

 

横浜のデリヘルのデリヘル嬢なら話は別ですがね。

 

まあ、フェラをしてもらうならオナクラではなく、ヘルスに行けばいいじゃない、という意見もありますが、オナクラは何より、素人っぽさ、可愛さで群を抜いているのです。

オナクラ体験談とテク その1

オナクラでは実際にどのようにしてプレイするのか? と疑問を持つ人もいると思いますから、体験談という形で具体的にプレイ内容を書いてみます。ただ、体験談と言っても引き出しが多数ありますから、その中から、一番良かったパターンについて書きます。

 

まず、私が行ったオナクラは、派遣型でした。ですから、まず受付を店舗で済ませ、そこから一人で近くのホテルに向かいます。このホテルは、デリヘルなどの派遣型風俗用に特化したようなホテルで、60分や90分という超ショートコースがあります。ホテルとしては、片付けにかかる時間を考えるとこういう超ショートコースは割りに合わないので最低でも2時間から、としているところが多いのですが、池袋とか新宿などの風俗店がひしめいている地域のホテルでは、こうした短い時間設定を行なっているところが少なくありません。

 

ともあれ、ホテルに着くと、部屋に入り、女の子が来るのを待ちます。

 

部屋のチャイムが鳴ったので、ドアを開けてあげます。この時、しっかりとあいさつをするのが私の流儀です。どんな風俗でも、あいさつがしっかりしていなければその後のプレイも面白くありません。
品川のデリヘル
私は、どんな風俗店に行っても大抵新人を指名します。新人独特の、慣れていない感じ、初々しい感じ、というのがたまらないのです。この時も、新人の嬢を指名しました。

 

他の風俗店では、新人といっても名ばかりで、他の風俗で働いていたことがある子がほとんどなのですが…

 

続きます。